強制執行を回避するには

間取り図

債権者との交渉が大切

福岡では住宅ローンが払えなくなると債権者である金融機関から督促状が来ます。これが数ヶ月続くと債権者は福岡の裁判所に競売による強制執行の訴えを起こします。訴えが受理されると裁判所から債務者に競売開始決定通知が届きます。この時になって初めて事の重大さに気づく人も多いのです。この通知が届いたあとに裁判所の執行官が不動産鑑定士と共に訪れます。これは不動産の売却価格を決める調査のためです。そして数ヶ月から半年ほどで入札が始まってしまいます。競売では標準価格よりかなり低い金額で落札されることがほとんどです。これでは残りの債務を払う負担も大きくなってしまいます。そのため福岡では自己破産をすることになる場合も多いのです。競売や自己破産になると社会的信用もなくなります。これを回避するには債権者に交渉して任意売却にしてもらうことが必要です。任意売却は通常の不動産売買と同じ形で行われます。そのため競売よりも高い価格で不動産を売却することができます。任意売却は債務者にとっては有利な方法なのです。しかしこれは債権者に競売の申し立てを取り下げてもらうことが必要です。頑固な債権者は競売の取り下げに同意しないこともあります。そのためこの交渉は任意売却の実績のある福岡の不動産会社に依頼しましょう。また債権者は任意売却に同意しても継続して競売の手続きをしていく場合もあります。任意売却で購入者が現れなければ競売が始まってしまいます。不動産会社はその購入者を早く見つける手腕も必要とされます。